青森県弘前市へ移住のすゝめ。弘前へ移住するメリットは?魅力は何?

「いつか田舎に移住したいなあと考えている方」

「移住先の候補として青森県弘前市のリアルな生活情報を知りたい方」にぜひ読んで欲しい!

 

 

こんにちは!

Aomori & You 東京支部PR マネージャーのさわともです!
現在は、東京で働きながら、青森の魅力を発信しています。

趣味は、競馬と葉巻です。将来は、青森にUターンし、青森で素敵な素敵な家庭を持ちたいです。

 

 

今回は、東京に上京して改めて感じた地元・弘前の魅力と弘前へ移住するべき理由を紹介していきたいと思います。

 

 

 

広告

青森県弘前市ってどんな場所?

引用 青森県庁

 

僕が生まれ育った弘前市は、青森県の日本海側の人口約17万人の都市です。

都会の人から見たら、田舎にしか見えないですが、「なんにもない」ようで本当にたくさんの魅力が詰まった場所です。

一つずつ紹介するときりがないのですが、

 

まずは、弘前城がある弘前公園。弘前市民にとっては、ニューヨークのセントラルパークのような場所です。

東北で唯一現存する天守ですが、思っているより小さいので遠くから見るのがおススメ。

 

春は、りんごの選定の技術で桜守さんが守り続ける、日本一の桜と言われる「弘前公園さくらまつり」、秋は「菊と紅葉まつり」、冬は「雪灯篭まつり」があります。

 

弘前は、城下町だったので、津軽塗やこぎん刺しの伝統文化や歴史ある建物、そして洋館などが街中に点在していて、おしゃれなお店との共存が個人的には好きです。

 

日本一のりんごの生産地である弘前市は、市街地をちょっと出るとりんご畑が広がり、秋の収穫時期にはりんごを積んだトラックが市場へと向かう光景が見ることができます。

 

夕焼けと田んぼと岩木山

 

弘前市民の自慢というか、心の拠り所なのが、「岩木山」

自分たちの場所から見える岩木山が一番きれいだとみんなが思っているほど、愛着をもち、県外から帰ってきた時には岩木山を見るとホッとするようなそんな存在です。

 

魅力を探そうと思えば、沢山あります。しかし、都会に比べたら「なにもない」と思うかもしれません。

しかし、弘前でしか味わえない暮らしがここにはあると思います。

「なにもない」けど「なんでもありすぎる」のが弘前市です。

 

 

 

都会で疲れている人へ知って欲しい。弘前に移住すべき5つの理由

 

弘前の魅力 その1:近すぎる大自然!車で30分圏内で自然の中へ

 

自然が近い場所は、全国どこでもあると思いますが、弘前市は岩木山がすぐそばにあり、世界遺産の白神山地まで車で約30分、日本海までも車で約30分あればたどり着く事ができます。

現在、ブームであるキャンプをできる環境は海、川、山とどこでもあり、友達との集まりの場として山や海を身近に感じることができます。

元々、海や山等の自然との触れ合いを体験が少ない方にとっては、新鮮な体験となると思います。

そして、市街地でも桜の名所である弘前公園で体験する春夏秋冬は他のどんな場所にも負けてないと思います。

 

 

 


②満員電車はおさらば。ストレスフリーな移動!

 

青森では、満員電車でのストレス生活とは無縁の生活を送ることができます。

弘前での移動手段と言ったら、ほとんどの人が車。

一家に一台ではなく、一人一台が当たり前です。

車でなくても、弘前市内であれば比較的、自転車でも移動しやすいです。

電車というストレスの溜まる乗り物に乗らず、自分の好きな時間で車、バイク等での通勤が出来るというのが魅力です。

 

 

 


③自然の中でのびのびと子育て

田んぼの中で思いっきり遊ぶ泥リンピックの写真

 

どうしても都会の進学校に進んで欲しいという方には、弘前市はおすすめできませんが、自然の中でのびのびと育ってほしいと考える方には弘前市はぴったりです。

治安が良い為、頻繁に事件が起きることもなく、親としても安心して子供を育てる事ができます。

また子供を連れて遊べる公園や自然スポットも多い為楽しいと思います。

全ての小学校ではないですが、小さい頃からりんごの収穫を始め、農業も教育の一環として行っている学校も多いです。

 

弘前市で行っている子育て支援は、こちらから↓

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kyouiku/kosodate/

 

 

 


④家賃は東京の半分以下!

 

都会に比べ生活コストが低い青森県では確かに収入では都会の企業よりは収入は劣ります。

しかし、生活コストを考えると手元に残るお金というのは都会も弘前も変わらないと思います。

特に家賃が比較的低く、一軒家の賃貸でも、安くて4万円~6万円で借りることができます。

車を購入したり一軒家を購入したりと自由に生活していけると思います。

もし、都会での仕事をリモートで行う方には家賃が抑えられて、青森で採れた安心安全な食を食べれるので、最高ですね!

 

 


⑤日本でも有数の難解な方言を操る、心が温かくなる人のやさしさ

井戸端会議をするおばあちゃんたち

 

初めて弘前へ来た人は、弘前市民が何を言っているのか分からない人も多い!

なぜなら、津軽弁という津軽地方独特の方言を話すので、最初は本当に何を言っているのか分からないと思います。

外国語を習うように少しずつ、見知らぬ土地の言葉を徐々に理解してくるのも移住の楽しさでもあると思います。

個人的に横の繋がりというのがとても大きく、常に助け合って生きていくという心を持った人が多くいる街だと思います。

 

 

 

 

広告

青森県弘前市へ移住する場合の移住支援は?

 

現在、青森県では東京圏から青森へ移住・就業される方に最大100万円を支給してくれるそうです。

世帯で移住の場合は、100万円。単身でも60万円もらえるそうです。

 

その他、弘前市では最大2週間滞在できる「移住お試しハウス」や青森へ移住し創業したい人への支援もあるそうです!

 

その他、仕事・暮らしなどの面でもサポートは、弘前移住情報サイト「弘前ぐらし」 に詳しく載っているのでぜひご覧ください!

 

 

 

 

「なにもない?」いや、ありすぎる!弘前移住のメリットは?

 

他の県や市ではなく、弘前へ移住をするメリットは?と聞かれたら、「四季と共に生きれること」かなと思います。

 

全国的に見ても豪雪都市である弘前は、雪がある分大変な事も多いですが、その分、季節ごとに楽しむことができるのが、この土地の特徴だと思います。

ですので、なかなか日帰り・1泊2日の旅行じゃ弘前は「なにもないつまらない所」になってしまいますが、長く滞在すればするほど魅力が分かってくるような土地です。

 

りんごの花

 

私たちの生活の例を紹介すると、

弘前の春は、4月中旬から始まり、さくらが満開になるのを今か今かと待ちます。

そして、山菜が山で採れるようになり、根曲り竹と言われる細い竹やミズと呼ばれる津軽民が大好きな山菜を採りに行きます。

 

さくらが散ると今度は、白い薄ピンク色のりんごの花が市内を包み込みます。

 

弘前ねぷた

 

春が終わると弘前市民は、ねぷた祭りの準備へそわそわ。

青森市のねぷた祭りと違い、弘前市では町内ごとにねぷたを運行するので、地区ごとにお囃子の準備が始まります。

8月の第一週に毎年行われるねぷた祭は、弘前市民が待ち焦がれる1週間。

 

岩木山をバックに嶽きみ(とうもろこし)

 

夏は、とことんキャンプやバーベキューで楽しみ、岩木山名物の嶽きみと呼ばれる甘ーいとうもろこしを食べたら、もう秋本番!りんごの季節。

 

弘前にずっと住んでいる人には分からないそうだが、弘前市内はりんごの香りに包まれます。

週末は、りんごの収穫の手伝い。市内は、弘果へ出荷するりんごを積んだトラックが目に留まります。

屋根が切られたおばけと呼ばれる軽トラでりんごの運搬

 

りんごの収穫が終わったら、もう冬。

弘前市民は嫌いな人も多いが、冬だから楽しめるスキーやスノーボードなどに出かける。寒くて、長い冬を乗り越えるには、温泉が必須。

弘前市内のあちらこちらに温泉があるので、弘前市民は車にお風呂セットが必ずと言っていいほど積んである。

そして、長い長い冬を終え、また春を迎えます。

 

岩木山麓のスキー場へ

 

 

都会で住んでいると、四季の移ろいに気づかず過ごしてしまうことが多いと思います。

 

しかし、自然豊かで農業も盛んな弘前では、周りを見るだけで「桜が咲いてきたな」「稲穂が黄金色になってきたな」「岩木山に雪が積もり始めたな」と季節を感じることができます。

 

ここだけでは、書ききれないほどの祭りが季節ごとに行われ、その季節で楽しむ食も変わり、「なにもない」というよりもはや「ありすぎて忙しい」と思います。

 

そんな弘前にぜひ興味を持っていただけたら、まず一度少し長めの期間で弘前へ遊びに来て欲しいと思います!

 

私たちのInstagramで地元民が伝える青森の魅力を発信しているので、ぜひ見てみてください!

 

そして、もっと弘前移住の情報を知りたい方は、弘前移住情報サイト「弘前ぐらし」

青森の移住情報は、青森県移住・交流ポータルサイト「青森暮らし」

 

 

 

広告

青森県弘前市へ移住の魅力やメリット まとめ

今回は、僕たちが考える弘前への移住の魅力やメリットを紹介しました!

現在、1700以上ある全国の市町村の中で、弘前が一番!!と言いたいわけではありません。

しかし、弘前市で生まれ育ち、現在東京で働いている僕が、弘前を出たからこそ分かる弘前の魅力です。

これは都会では感じられないことであり、弘前へ戻りたいと思う理由でもあります。

賃金の低さや仕事の面など、まだまだ解決しなければならに問題は山ほどありますが、それでも「なにもない」からこそ自分が先となってできることもある、可能性しかない場所でもあります!

 

ぜひ、今回の弘前の紹介で少しでも興味を持っていただけたらい嬉しいです。

 

 

 

 

青森県弘前市へ移住のすゝめ。弘前へ移住するメリットは?魅力は何?” への2件のフィードバック

  1. 弘前、大好きです。
    昭和レトロな感じが、いいです。
    落ち着きます。昔ながらのものを大切にしながらも、古いだけではないのが、スゴい所です。冬、雪かきしなくていいのなら、移住したいです。

    1. 返信が遅れてしまい、すみません。
      コメント、ありがとうございます!
      弘前に住んでいると当たり前で忘れてしまいますが、歴史あるレトロな建物が沢山あって素敵ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。