青森1月イベントin 2022 青森の冬を楽しもう!場所は?いつからいつまで?

「青森の1月に開催されるイベントについて知りたい方」

「年一回の長期休みに青森旅行する方」

「1月帰省してどこにお出かけに行こうかなと考えている方」に読んで欲しい!

 

 

こんにちは!

Aomori & Youののんたんです。

Aomori &Youというメディアで青森の魅力を発信しながら、青森旅行をお助けする「青森旅コンシェルジュ」を運営しています。

地元青森そしてサッカーを愛しながら、「何かを得る人より、何かを残す人になる」をモットーに、日々自分と向き合っています。

 

クリスマスが終わっても青森は楽しいイベントが各地で行われています!

年一回の正月休みに青森旅行する方や帰省する方に青森を満喫してほしい!

ですので、今回は、青森の冬を満喫できる1月のイベントを紹介します!

 

 

青森で開催される1月のイベント一覧 

1月の青森は本格的に雪が降り積もる時期。

その中でも「世界一雪が積もる」と言われる青森市の酸ヶ湯では昨年日本一の積雪量を観測しました。

雪国大国が本気を出してきて青森住民は雪にうんざりしているかもしれませんが、それを払拭出来るほどの青森の冬を楽しめるイベントが沢山あります!

ですのでぜひ、青森在住の方もお出かけの際の参考にしてみてください。

 

広告

青森1月のイベント その1:ひらかわイルミネーションプロムナード

2020-2021ひらかわイルミネーションプロムナード(平賀駅前広場他)|青森弘前:弘南鉄道株式会社
引用 弘南鉄道株式会社

 

青森県平賀の冬1月といえば平賀駅前と中央公園を彩る幻想的なイルミネーション!

バレンタインデーの2月14日まで開催されているので、冬のデートにもぴったりです。

約10万球のLEDライトを使用した台湾提灯や南九州市の竹を活用したキャンドルは映えること間違いなし!

Instagram で実際に行ってきた人の写真を見ても、海外にいるような雰囲気が伝わってきます。

 

ひらかわイルミネーションプロムナード 基本情報

期間

2021年11月19日(金)~2022年2月14日(月)

点灯時間

17:00~22:00

※12月23~26日、31日は、1月9日は25:00まで点灯

場所

弘南鉄道平賀駅前広場~中央公園

HP

https://hirakawa-kankou.com/2021/11/11/hirakawa-illumination/

 

 

 

青森1月のイベント その2:奥入瀬渓流氷瀑ナイトツアー

奥入瀬渓流氷瀑ツアー — 十和田奥入瀬観光機構 | Travel Towada
引用 十和田奥入瀬観光機構

 

十和田八幡平国立公園内に位置し、特別保護地区に指定されている奥入瀬渓流で開催される「奥入瀬渓流氷瀑ナイトツアー

約14kmにわたって流れる「奥入瀬渓流」が凍り、生み出す氷瀑や氷柱など5か所が夜にライトアップされます。

ネイチャーガイドがご案内する人気No.1の幻想的な自然の芸術を鑑賞するツアーです。

3月6日まで開催されているので、新緑の季節とはまた違う冬の奥入瀬渓流をお楽しみください!

 

奥入瀬渓流氷瀑ナイトツアー 基本情報

期間

2021年12月17日~2021年3月6日

時間

18:30~21:50

料金

大人3,000円・子供1,500円

場所

発着地:青森県十和田市中央

HP

https://www.towada.travel/ja/oirase-ice-falls

 

 

 

広告

青森1月イベント その3:奥入瀬渓流氷瀑ネイチャーガイドツアー

閉ざされた冬の絶景!青森「奥入瀬渓流」氷瀑氷柱巡りトレッキング | 青森県 | トラベルjp 旅行ガイド
引用 トラベルjp

 

夏は避暑地として有名な奥入瀬渓流は、冬になると景色が一変し、新しい姿を見せてくれます。

なかなか入ることができない冬の奥入瀬渓流をネイチャーガイドと一緒に楽しむバスツアー。

ツアーは、七戸十和田駅、十和田市街地、奥入瀬渓流温泉などで出発し、奥入瀬渓流までバスでお連れします。

奥入瀬渓流の滝が凍り生まれる氷瀑や、小さなツララが成長してできたブナの森の断崖の氷柱は、雪国大国青森の奥入瀬渓流ならではの絶景です。

 

奥入瀬渓流氷瀑ネイチャーガイドツアー 基本情報

期間

2021年12月18日〜2022年2月27日まで

時間

12:30~17:30

料金

大人3,000円・子供1,500円

場所

出発地:七戸十和田駅南口・十和田市現代美術館・奥入瀬渓流温泉・奥入瀬渓流館

HP

https://www.towada.travel/ja/oirase-ice-falls    

 

 

 

青森1月イベント その4:ヴィジョン・オブ・アオモリ特別編「大川亮コレクションー生命を打込む表現」【国際芸術センター青森】

ヴィジョン・オブ・アオモリ特別編「大川亮コレクションー生命を打込む表現」 | 国際芸術センター青森 | 美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ
引用 国際芸術センター青森

 

青森公立大学に併設している国際芸術センター青森で開催される展覧会「大川亮コレクションー生命を打込む表現」

ACACの「ヴィジョン・オブ・アオモリ」は、2005年からはじまった、青森を拠点とし、制作活動を行うアーティストや制作者を紹介する展覧会のシリーズ。

今回は、2021年12月27日に生誕140周年を迎える大光寺村(現・平川市)生まれの大川亮さんのコレクションから、遺族の協力によりコギンの身頃105点、ケラ6点ほか貴重な副業品の数々が展示されます。

彼のコレクションとそれらの魅力がアイディアの源となった創作物に触れられる機会です。

 

ヴィジョン・オブ・アオモリ特別編「大川亮コレクションー生命を打込む表現」 基本情報

期間

2021.12.25(土)ー2022.2.13(日)

時間

10:00~17:00

休館

年末年始(12月29日(水)ー1月3日(月))および大学入学試験に関わる日程(1月14日(金)ー16日(日)、1月28日(金)ー1月30日(日))

料金

無料

会場

青森公立大学 国際芸術センター青森 [ACAC] 展示棟ギャラリーB

HP

https://acac-aomori.jp/program/okawa/

 

 

 

広告

青森1月イベント その5:津鉄と地域100年プロジェクト 「チカチカ☆ビガビガ列車」

おでカフェ

 

青森の冬の風物詩でもあるストーブ列車で知られる津軽鉄道の「津鉄と地域100年プロジェクト

車内をチカチカ☆ビガビガに飾られた「走れメロス号」に乗って青森の冬景色・津軽平野を楽しむことができます。

車内では特別パフォーマンスもあるそうです!

ぜひ、家族・友達と楽しんでみてください!

 

【行程】

行き列車:15時47分 津軽五所川原駅発 ➡ 16時25分中里駅着
自由時間:30分 駅ナカにぎわい広場で自由行動 出店あり
帰り列車:17時08分 津軽中里駅発 ➡ 17時45分五所川原駅着

 

津鉄と地域100年プロジェクト 「チカチカ☆ビガビガ列車」基本情報

 

津鉄と地域100年プロジェクト 「チカチカ☆ビガビガ列車」

運行日

12月27日(月)、12月28日(火)

1月 2日(日)、1月 3日(月)

集合時間

15時~15時30分

集合場所

コミュニティカフェでる・そーれ

参加費

乗車無料 各日30名様

HP

津鉄と地域100年プロジェクト 「チカチカ☆ビガビガ列車」・「りんご列車」参加者募集

 

 

 

青森1月イベント その6:雪さくらレール・トンネル in芦野公園駅

https://tsutetsu.com/archives/3917
引用 津軽鉄道

 

春は桜の名所である青森県五所川原市の芦野公園で、冬に咲くさくらが見ることができます。

津鉄と地域100年プロジェクトの一環として、津軽鉄道芦野公園駅構内の桜のトンネルがピンク色のLEDで照らされます。

桜の枝に積もった雪を綺麗な桜のびらのように見え、冬の芦野公園に満開の雪さくらの景色を見ることができます。

2月20日まで開催されているので、ぜひ五所川原市にお出かけの際に遊びに行ってみてください!

 

雪さくらレール・トンネル in芦野公園駅 基本情報

実施日

12月23日から令和4年2月20日

点灯時間

16:00~21:00

場所

芦野公園駅構内 (ホーム付近、五所川原寄り桜のトンネル)

HP

https://tsutetsu.com/archives/3917

 

 

 

青森1月イベント まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、青森県内で開催される1月のイベントについて紹介しました!

冬真っただ中の1月の青森をぜひ一緒に楽しみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。