弘前観光におすすめの弘前ゲストハウス「オランドの二階」とは?りんご箱の中で寝る体験

「弘前市でおすすめの宿泊施設を知りたい方」

「色んな人と繋がりを持てる場を探している方」にぜひ読んで欲しい!

 

こんにちは!

Aomori & YouのMiyuです。

スイスのホテルスクールを卒業し、京都(Four Seasons Kyoto)・広島(Azumi Setoda)のラグジュアリーホテルで修業し、2024年に青森にホテルを作る事を目標に、2022年9月に青森にUターンしました。

 

Aomori &Youでは、将来の私たちのホテルに泊まっていただくゲストへ紹介したい青森の人のインタビュー、そしてゲストへおすすめしたい青森の魅力を発信しています。Aomori & Youを通して、いつか青森に行ってみたい!改めて、地元・青森の魅力を知れた!と思ってもらえたらと思っています。

 

 

今回は、私も立ち上げに携わらせていただいた弘前市のゲストハウス「オランドの二階」について紹介していきたいと思います。

 

 

 

広告

弘前にオープンしたゲストハウス「オランドの二階」とは?

提供 オランドの二階

 

青森県弘前市に2022年8月にオープンしたゲストハウス「オランドの二階」。

オランドの二階があるのは、元々2019年4月にオープンした「HIROSAKI ORANDO(弘前オランド)」という複合施設の中にあります。弘前オランドは、Next Commons Lab弘前という弘前に移住して、地域資源や課題と言われているテーマでプロジェクトをつくって活動するメンバーの活動拠点地として始まり、カフェやギャラリースペースなどを通して、様々なバックグランドを持った人たちが集まる場所です。

私も弘前オランドに青森にUターンする前からお世話になり、ここから色んな青森で活躍する人に出会うことができたきっかけの場所でもあります。

 

 

場所は、弘前の飲み屋街・鍛治町、弘前のメインストリートともいえる土手町、そして弘前公園まで徒歩5分圏内の観光には最適な場所にあります。

観光で弘前に来た方にはもちろんですが、青森に住んでいて弘前に飲みに来て、オランドの二階に泊まって帰る!なんてこともできます。

 

 

弘前のゲストハウス「オランドの二階」を作ったのは?

 

「オランドの二階」を作ったのは、石山紗希さん、蟻塚 学さん、盛 和春さんの「ORANDO PLUS」3人。

 

代表の石山さんは、JICA青年海外協力隊としてガボンで、農業普及の活動をした経歴の持ち主!2018年に青森にUターンし、弘前市の起業家育成支援事業「NextCommonsLab弘前」のコーディネーターとして弘前オランドの運営に携わってきました。私にとっても弘前で色んな人と繋げてくれた恩人です!

取締役の蟻塚さんは、北国の風土に根ざす建築を目指し、JIA東北住宅大賞なども受賞した建築士。オランドの二階の設計や、りんご箱ベッドの設計もすべて蟻塚さんのデザインです!

もう一人の取締役の盛さんは、電通で都市再開発・複合事業開発などのプロジェクトに携わり、弘前にUターンしてからは、弘前れんが倉庫美術館事業やアートによる街なか活性化に従事!オランドの二階のアートも盛さんプロデュース!!

 

「オランドの二階」のお部屋は?

オランドの二階の部屋のタイプは、りんご箱を使った共用ドミトリー、女性専用ドミトリー、そして和室ドミトリーの3種類! 

お部屋のタイプ別に紹介していきます♪

 

りんご箱を使ったベッドに泊まれる「男女共用りんご箱ドミトリー」

 

最大12名が宿泊できる「りんご箱ドミトリー」

二段ベッドになっていて、りんご箱の中は秘密基地のような雰囲気の中で寝ることができます。りんご箱ベッドは、実際に使われていたりんご箱を再利用し、建築士の蟻塚さんが設計しました。

ベッドの名前には、デリシャス・スターキング・紅玉・國光と青森らしいりんごの名前が付けられています。

一人旅や友達同士の旅行におすすめのお部屋です!

 

 

 

女性1人旅でも安心の「女性専用ドミトリー」

提供 オランドの二階

 

女子旅や女性1人旅におすすめの「女性専用ドミトリー」

8人部屋になっていて、化粧スペースは部屋の中と外にあるので朝の準備で、場所の取り合いになる事はありません!そして、女子には嬉しい、、、無印良品の化粧水・乳液、コットン、綿棒、生理用ナプキンなどのアメニティーも揃っています!

 

 

 

海外の方やプライベートな空間が欲しい方におすすめの「和室ドミトリー」

日本らしい部屋に泊まりたい海外の方やゲストハウスに泊まってみたいけど、相部屋はまだ挑戦できないという方におすすめなお部屋が「和室ドミトリー」

襖で区切らているお部屋で最大1部屋3名まで宿泊する事ができます! 襖を開けてコネクティングルームにすることもでき、4名以上で宿泊する場合におすすめです。

広告

「オランドの二階」の設備・アメニティーとは?

宿泊施設の設備やアメニティーは重要なポイントですよね?!

弘前のゲストハウス「オランドの二階」には、共用の洗面所とシャワールームが完備してあります。女性専用エリアにも、シャワールームが1つあります。

 

どうしても、シャワーだけじゃ嫌だという方には、男性限定ですが、、、徒歩5分の場所にアサヒサウナという温泉付きのサウナがあるのでおすすめです!

オランドの二階の洗面所

シャワールーム

アメニティーは、有料でバスタオル・フェイスタオル・歯ブラシが販売をしています。(和室ドミトリーには、バスタオル・フェイスタオルが付いています。)

その他、共用エリアにはスリッパ・ドライヤー・綿棒・シャンプー・コンディショナー・ボディーソープがアメニティーとして用意しています。女性専用エリアには、無印良品の化粧水・乳液・コットン・生理用ナプキンがあります♪

共用エリアには、簡易的なキッチンもあります。電子レンジ・ミニ炊飯器・冷蔵庫・給湯器・お皿・箸などが完備されているので、朝のコーヒーやちょっと何か食べたいという場合も大丈夫です!

 

 

 

「オランドの二階」の1階は、ワーケーションにもおすすめのWifi完備したカフェ兼ラウンジとギャラリー

提供 オランドの二階

 

オランドの二階の1階エリアは、カフェ兼ラウンジとギャラリースペースになっています。

曜日で変わるカフェは、日~火曜日は「シードルをもっと身近に」というコンセプトで「cidre&café POMME/MARCHÉ (ポム・マルシェ) 」。水~土曜日は、オランドが運営するカフェ「cafe ORANDO」が営業しています。

Wifiとコンセプトも完備してあるので、パソコン作業したい方やワーケーションで弘前へ来た方にもおすすめです!

 

 

弘前でシードルが楽しめるカフェ「cidre&café POMME/MARCHÉ (ポム・マルシェ)」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by cidre&café POMME/MARCHÉ (@pommemarche)

 

シードル好きの夫婦が運営するポムマルシェでは、国内シードル発祥の地である弘前で作られたシードルだけでなく、世界のシードルも楽しむことができ、飲み比べもあるので青森らしいお酒を楽しみたいという方にはピッタリの場所です!

チェックイン前に昼からシードルを飲んで、その後に鍛治町に出かけるというTHEのんべえなプランもどうですか?!

 

シードルの他にも、コーヒーやみおさんが作るスイーツも絶品です!

 

cidre&café POMME/MARCHÉ (ポム・マルシェ) 基本情報

営業時間 11:00~19:00
定休日 水~土曜日
Instagram  @pommemarche

 

 

 

弘前市民が集まるカフェ「cafe ORANDO」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by HIROSAKI ORANDO(NCL弘前) (@hirosaki_orando)

 

水~土曜日に営業しているcafe ORANDOは、夜9時まで営業していて作業するのにはぴったりのカフェです。夜6時からは、「CAN BAR」が営業していて、カウンターに立つのは、水・木曜日GARUTSUのシードル醸造を手掛ける今祥平さん!金・土曜日は、ワインショップ YOIZUKIの店主 永田あきおさん!

私のおすすめは、京一郎くんのスパイスカレー!いつも無性に食べたくなる美味しさです!

 

 

 

 

カフェやラウンジの他にも、1階の奥のスペースはギャラリーになっていて、不定期で作品展やイベントが開催されています。私たちが運営している青森の若者コミュニティーUNUN(うぬうぬ)のイベントもこの場所を借りて開催しました。

その他にも研修や講演会など幅広い用途で使うことができます!

 

 

あとは、青森ならでは可愛いお土産も買うことができるショップもあります♪

(私たちの弘前ガイドブックも置いてもらってます)

 

 

 

 

 

広告

弘前のゲストハウス「オランドの二階」の隠れた魅力を紹介

①りんごをモチーフにしたサイン

オランドの二階のサインは、りんごをモチーフにしていて、つい写真を撮ってしまいたくなるかわいさです!ぜひ、トイレやシャワールームをチェックしてみて下さい。

 

 

②37個ある隠れアート

オランドの二階のあちらこちらには、弘前のアーティスト 竹内絵里子さんの作品が37個隠れています!ベッドの横だったり、、、天井だったり、、、見つけるのが楽しい可愛いアートをぜひチェックしてみて下さい。

 

 

 

③アナログで弘前で活躍するプレイヤ―と繋がれるチャレンジボード

オランドの二階へ続く階段には、「チャレンジボード」と名付けられたボードがあり、オンラインでつながる現代、あえてオランドにわざわざ来て、アナログで弘前で活躍する人たちと繋がれます。

ぜひ、こんな事したい!人を紹介してほしい!という時にここに来てみて下さい!

 

 

 

 

 

弘前にできたゲストハウス「オランドの二階」基本情報・まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、弘前に2022年8月にオープンしたゲストハウス「オランドの二階」を紹介しました。

ずっっっと、青森にゲストハウスが欲しい!と思っていた私にとって待望のゲストハウスが出来ました!そのゲストハウスに立ち上げに関われて、本当に嬉しいです。

オランドは、旅人同士のつながりができる場所なだけでなく、何かチャレンジしたい!という人が集まる場所です。地元で活躍する人と繋がれたり、、、イベントで刺激を受けて何か頑張ろうと思える素敵な場所です。

ぜひ、弘前観光の拠点にしてみて下さい!

 

オランドの二階 基本情報

チェックイン・チェックアウト時間
チェックイン 15:00~21:00
チェックアウト 10:00
公式予約ページ https://www.chillnn.com/1817effc1be39c
オランドHP

https://www.hirosakiorando.com/

駐車場 4台分あり
場所

〒036-8035 青森県弘前市百石町47−2

 

弘前観光のお供

弘前ガイドブック「Be a Local in Hirosaki」販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です