青森で開催される3月のイベント in 2022 冬の美術館の展示情報!

「3月に青森県内でどこに行こうかなと考えている方」

「青森県内の美術館の3月の企画展情報を知りたい!という方」必見!

 

 

こんにちは!

Aomori & Youののんたんです。

Aomori &Youというメディアで青森の魅力を発信しながら、青森旅行をお助けする「青森旅コンシェルジュ」を運営しています。

地元青森そしてサッカーを愛しながら、「何かを得る人より、何かを残す人になる」をモットーに、日々自分と向き合っています。

 

今回は、3月に青森県内で開催されるイベントと青森県内の美術館の企画展情報を紹介していきたいと思います!

 

 

青森県内で開催される3月のイベント

本州では、春の訪れを感じる3月ですが、本州最北端の青森の3月はまだまだ冬!

そんな青森の冬を楽しめるイベントを紹介します。

ぜひ、家族・友達とのお出かけの参考にしていただければ嬉しいです!

 

 

広告

青森3月イベント その1:2022 ウィンターフェスティバル in モヤヒルズ

ウインターフェスティバルinモヤヒルズ】アクセス・イベント情報 - じゃらんnet
引用 じゃらんNet

 

スキー場として知られる青森市のモヤヒルズ主催のイベント「2022 ウィンターフェスティバル in モヤヒルズ

大人から子供まで楽しめるイベントで、雪国大国青森市のスキー場で雪上ゲーム大会や、スキー大会、大抽選会などが行われます!

前日までにチケットを購入すると安く買うことができるので、事前にネットでチケットを購入するのをおすすめします!

 

2022 ウィンターフェスティバル in モヤヒルズ 基本情報

期間

2022年3月6日(日)

時間

9:00~17:00

料金

【前売】大人:1,530円/子ども・高齢者1,020円

【当日】大人:2,040円/子ども・高齢者1,530円


※子ども・・・小学生まで/高齢者・・・60歳以上

TEL

017-764-1110

HP

https://www.gettiis.jp/event/detail/100033/eventao002

場所

モヤヒルズ

 

 

 

 

青森3月イベント その2: 第35回夜越山 洋ランまつり

平内町 夜越山洋ランまつり2013 | 青森の魅力
引用  青森の魅力

 

青森県平内町で開催される「第35回夜越山洋ランまつり

雪国大国青森で南国の香りが楽しめるのはここだけ!

高さ4m幅8mもの大型ディスプレイがある温室で洋蘭の香りで癒されます。

また、13日からは青森蘭友会展示会が開かれ、全国トップクラスの素晴らしい蘭が展示されます。

また、雪国大国青森でも洋蘭を簡単に育てるコツを知れる相談室や、市場より30~20%OFFで購入できる即売会も開催されるの洋蘭好き必見のイベントです。

 

第35回夜越山洋ランまつり 基本情報

期間

2022年3月1日(火)〜21日(月)

時間

9:00~16:00

入園料

【入園料】大人:500円/小人:150円

【団体料金】大人:450円/小人:100円

※15名以上の団体

公式HP

http://www.town.hiranai.aomori.jp/sp/events/index.cfm/detail.1.19088.html

場所

夜越山森林公園

 

 

広告

青森3月のイベント その3:『PARK DAIKANYAMA』プレオープン

引用 むつ市

 

むつ市にグランピング及びドックラン施設の「PARK DAIKANYAMA」が2022年4月本格オープン前にプレオープン!

3月まではプレオープン価格で楽しむことができます。

冬季でもキャンプ可能施設で、ドーム型グランピングテントや宿泊用トレーラーと4人宿泊可能グランビングトレーラー各1台。

RVパーク(キャンピングカー専用電源サイト)と区画キャンプスペースも完備。

一般の方も利用できるイートインスペースもあります。

素敵なバスの店内ではピザやコーヒーを販売しているので、ランチや休憩にもいいですね!

来春オープン予定のイタリアン系レストランもお見逃しなく!

 

PARK DAIKANYAMA 基本情報

営業時間

チェックイン 15:00~18:00

チェックアウト 10:00

【ドッグラン】

9:00~18:00

休業日

月曜日~水曜日

料金情報

https://www.nap-camp.com/aomori/14668

駐車場

30台程度

予約サイト

https://www.nap-camp.com/aomori/14668

Instagram

@park_daikanyama

TEL

0175-31-1370

場所

青森県むつ市小川町二丁目13-43

 

 

 

青森3月のイベント その4:これが本当の「いただきます」食育その5~アブラツノザメ編~

引用 浅虫水族館

 

青森県では古くから食されている「アブラツノザメ」について浅虫水族館で学べる機会!

「アブラツノザメ」の生態や青森の繋がり、収穫方法から食べ方、青森の郷土料理まで、1階のイベントホールでパネル展で紹介しています。

​​浅虫水族館は展示生物を通してSDGs(持続可能な開発目標)「目標14:海の豊かさを守ろう」について考えるきっかけとなる場を提供していて、

親子で海の生き物について学べる素敵な機会です。

 

これが本当の「いただきます」食育その5~アブラツノザメ編~ 基本情報

営業日

2022年1月1日~3月27日

時間

9:00〜17:00

入館料

高校生以上1,030円 小・中学生510円 幼児無料

HP

http://asamushi-aqua.com/news/2021/12/21391/

TEL

017-752-3377 

場所

青森県営浅虫水族館

 

 

 

広告

青森3月のイベント その5:子供も大人もおこっぺに集まれ〜佐井村の寺四駆体験も〜

 

下北出身の方々からヨガやトランポリンの体験を家族みんなで受けられるイベント!

どのレッスンも、運動経験がない方や久しぶりに体を動かす方にも気軽に参加でき、

寒い冬での運動不足を解消できる機会です!

また、佐井村の寺四駆体験など楽しいイベント盛り沢山です。

下北在住の方限定で入場・見学無料です!

各レッスン要予約。

 

営業時間

2022年3月20日(日) 

時間

10:00~15:00

料金

入場・見学無料

HP

https://www.facebook.com/photo/?fbid=1361807380934681&set=pcb.1361808694267883

TEL

0176-25-3737

住所

奥戸交流館

〒039-4601 大間町大字奥戸字浜町通48-1 

 

 

 

青森3月のイベント その6:ベリーズ司園 いちご狩り

引用 るるぶ

 

青森県南部町で有機栽培にこだわっていちごを栽培している「ベリーズ司園」で、3月上旬からいちご狩りを楽しむことができます!

家族みんなでいちご狩りを楽しむことができ、いちご狩りは食べ放題40分間に好きなだけいちごを味わうことができます。

高い位置に栽培された高設式栽培なので、膝腰を曲げずにいちごを摘むことが可能です。

訪れる際は、事前予約必須です。

 

営業日

2022年3月上旬~6月下旬

※予約がない時は休園の場合あり

時間

10:00~16:00

料金

大人1700円、小学生1200円、3歳~小学生未満700円※2歳以下無料

駐車場

40台

予約サイト

予約必須 公式サイトで受付 ※2日前までの予約が必要

https://itigo.urkt.in/direct/offices/157/courses

HP

http://cherry.itigo.jp/index.htm

住所

青森県三戸郡南部町法光寺字梨ノ木平8

 

 

 

 

青森県内の4大美術館 3月の企画展を紹介

 

青森県立美術館:常設展示 シャガール「アレコ」全4作品完全展示

シャガール「アレコ」全4作品完全展示 | 青森県立美術館
引用  青森県立美術館

 

青森県立美術館では、3月には特別展などは開かれず、常設展のシャガール「アレコ」全4作品を鑑賞することができます。

縦・横21m、高さ19mの吹き抜けの「アレコホール」と呼ばれるこの大きなホールで、20世紀を代表する画家、マルク・シャガール(1887-1985)によるバレエ「アレコ」の全四作品が展示されています。

2023年3月頃まで展示される予定です。

まだシャガールの迫力ある作品を見れていない方は、ぜひこの機会に見に行ってみてください!

 

 

 

 

弘前れんが倉庫美術館:あらためまして、こんにちは!—れんが倉庫→美術館へ—

あらためまして、こんにちは!—れんが倉庫→美術館へ— | 弘前れんが倉庫美術館 ー Hirosaki Museum of Contemporary  Art
引用  弘前れんが倉庫美術館

 

弘前れんが倉庫美術館では、冬プログラムとして改めて美術館とその作品を紹介する展示が開催されます。

倉庫が美術館に生まれ変わる過程を記録した作品や地域文化や煉瓦倉庫建築の特性に合わせて作ってもらった作品が出来上がる過程など展示されます。

その他に、3度の奈良美智展から美術館開館までを振り返る展示も紹介されるそうです。

この弘前れんが倉庫美術館の冬のプログラムは、2022年3月21日まで開催されます!
 
 
 

 

 

十和田市現代美術館:Arts Towada 十周年記念「インター + プレイ」展 第3期

Arts Towada 十周年記念 「インター + プレイ」展 第3期 » 十和田市現代美術館 | Towada Art Center
引用  十和田市現代美術館

 

十和田市現代美術館では、Arts Towada 十周年を記念した展覧会「インター+プレイ」展の最後の第三期の展示が開催されます。

3月1日から開催され、青森県十和田市出身の映像作家 水尻自子と漆彫刻家 青木千絵の作品を見ることができます。

第3期では、身体の内と外を越境し、他者と感覚を共有していく映像や彫刻作品が中心となります。

2022年3月1日から5月29日まで開催されます!

 

 

 

 

八戸市美術館:持続するモノガタリ—語る・繋がる・育む 八戸市美術館コレクションから

展覧会 | 八戸市美術館
引用 八戸市美術館

 

八戸市美術館では、3月19日から「持続するモノガタリ」という、

作品(モノ)が語ることと、作品を語ることの2つの意味での「モノガタリ」によって、コレクション(収蔵作品)の物語を持続させることがテーマの展示が開催されます。


この展示では、八戸市美術館のコレクション成立の歴史や風景、人々の交流といった時間・場所・人を切り口にして、作品とともに人々の語りを展示します。

2022年3月19日から2022年6月6日まで開催されます。

 

 

 

青森3月イベント まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、青森県内で開催される3月のイベントを紹介しました!

他の月よりも少ないですが、ぜひ今まで行った事がない美術館の展示を見てみるいい機会かもしれません。

ぜひ、お出かけの参考にしてみてください!

 

青森でできる冬の遊びを知りたい方は、こちら【記事】青森の冬を思いっきり楽しめる遊び8選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。